商工会小田原市橘商工会

0465-43-0113
受付 8:30~17:15[平日]

商工会
「伴走者」として。

小田原市橘商工会は、
常に、小規模事業者様の「伴走者」として、
持続的発展のためのサポートを行っています。

小田原市橘地区では、
多くの小規模事業者様が
活動されています。

小規模事業者の皆様は、地域の特色や自分の特長を生かした事業活動によって、地域の様々な需要に応え、雇用や経済の安定、住民の生活の向上・交流の促進に寄与している極めて重要な存在です。
しかし、近年そうした地域を支える小規模事業者の数は減少傾向にあります。
こうした背景を受け国は、平成26年に人口減少や高齢化、国内外の競争の激化など厳しい経営環境のなかで小規模事業者の皆様が「持続的発展」を遂げられるよう正面から支援するための法律を整備しました(「小規模企業振興基本法」ほか関連法案の整備)。
小田原市橘商工会はこの法律に則り、「経営発達支援計画」を策定し、平成29年度より小規模事業者の皆様を寄り添って支援して参ります。

計画

経営発達支援計画とは

全国385万の中小企業、中でもその9割を占める小規模事業者は、地域の経済や雇用を支える極めて重要な存在です。
しかしながら、小規模事業者は、人口減少、高齢化、海外との競争激化、地域経済の低迷といった構造変化に直面しており、売上げや事業者数の減少、経営層の高齢化等の課題を抱えています。
そのような厳しい経営環境において小規模事業者が持続的に事業を発展させていくためには、国内外の需要の動向や自らの強みを分析し、新たな需要を獲得するために事業を再構築していくことが必要です。
他方で、多くの小規模事業者にとっては独力でこれらの取組を行うことは容易ではありません。
したがって、半世紀以上にわたり小規模事業者から経営の相談に応じ、指導を行ってきた商工会が、小規模事業者による意欲ある取組を強力に支援し、小規模事業者の持てる力を最大限に引き出していくことが必要です。

もっと見る
調査

地域の経済動向調査

厳しい経営環境において小規模事業者が持続的に事業を発展させていくためには、マクロ的な経済の動向はもとより、できる限り身近なエリアの経済の動向や需要を分析する必要があります。
そこで、小規模事業者の皆様が地域の経済等の変化を敏感に捉えて事業伸張を果たせるよう地域の経済動向を調査し公表して参ります。

もっと見る
調査

地域経済の活性化に関する調査報告

「当地区の特長を生かして商売を伸ばすとしたらどんなチャンスがあるだろう」と考えてみました。
結論は、「当地区には、自然環境や地域資源を活用した着地型観光や6次産業の振興や、高齢者の生活支援や住民の問題解決に役立つビジネスの展開の可能性がある」です。
また、地域住民の消費を今まで以上に取り込むことができれば(市場への浸透が深まれば)商売を伸ばすことができることは当然です。
そこで、「自然環境や地域資源を活用した着地型観光や6次産業の振興」と「高齢者の生活支援や住民の問題解決に役立つビジネスの展開」が5年程度を目途に具体化するよう、初年度の29年度は、自然環境や地域資源、当地区の高齢化の状況や抱える問題・ニーズ等の調査を行います。
また、小規模事業者の皆様の事業を地域に浸透させるために行っている各種のイベントの運営状況についても調査します。

もっと見る

施策情報

J-Net 支援情報ヘ・・・

2017.10.19 J-Net | 支援情報ヘッドライン

J-Net21

2017.10.19 J-Net21[中小企業ビジネス支援サイト]

橘商工会
からの
お知らせ

経営発達支援計画にもと・・・

2018.06.19
NO IMAGE

経営発達支援計画にもとづく平成30年度伴走型小規模事業者支援推進・・・

軽減税率対策補助金の完・・・

2017.12.25
NO IMAGE

┌┐━━━━━━━━━━ └■ミラサポメルマガ ━━━━━━━━・・・

平成29年職業安定法の・・・

2017.12.20
NO IMAGE

平成29年3月31日に職業安定法の一部の改正を含む「雇用保険法等・・・

通訳案内士営業力向上セ・・・

2017.11.15
NO IMAGE

県では、外国人旅行者の県内観光の満足度を高め、リピーター化と口コ・・・

かながわで障がい者雇用・・・

2017.11.15
NO IMAGE

県障害者雇用促進センターでは、企業等が障がい者雇用を進めるための・・・

日産自動車株式会社及び・・・

2017.11.15
NO IMAGE

日産自動車株式会社及び株式会社神戸製鋼所の問題により、その影響が・・・